Item Search アイテム検索
Category カテゴリー
Original オリジナルブレンドオイル
カート
商品数:0点
合計:0円
カートの中身を見る
アロマテラピー/アーユルベーダについて
アロマテラピーって?
アーユルベーダって?
そんな疑問を解りやすく、
ご説明しております。
AROMATHERAPY
AYURVEDA
Ayurveda Constitution 診断
30の質問に答えるだけで
貴方の体質に合った
アーユルベーダブレンドが
見つかります!!
診断スタート!!
User Guide ご利用案内

ジュニパー

■内容紹介■
香りの特徴 : 爽やかで甘いウッディ系の香り

使用上の注意 : 腎臓疾患を抱えている際は使用しないこと。子供への使用も適さない。妊娠中の使用も避けること。高濃度での使用は皮膚に刺激を感じるので注意。

■効果■
森林のさわやかな香りをもつこの精油には、心身ともに「浄化」の作用があるといわれ、ゆっくりと深呼吸しながらこの香りをかぐと、頭をスッキリとさせ、集中力を増してくれる働きがあります。ジュニパーは古くから浄化作用のある薬草として知られ、チベットでは疫病から人々を守る薬草として、ギリシャ・ローマ、アラブ世界では消毒薬として用いられていました。昔から高い浄化・殺菌効果で知られ、コレラなどの伝染病や、咬傷の治療、フランスの病院では小枝を焚いて空気を浄化していました。お酒のジンの香りづけとしても有名ですが、実はこれも、17世紀にオランダの医師がジュニパーベリーの利尿作用を期待してつくった薬用酒が始まりです。また、排泄を促すことで身体を浄化し、新陳代謝を高めて身体全体の強壮をはかる作用もあります。

Juniper Berry Essential Oil
Botanical Name: Juniperus communis
Common Method Of Extraction: Steam distilled
Parts Used: Berries
Note Classification: Middle
Aroma: Fresh, green, fruity, balsamic undertone
Largest Producing Countries: Bulgaria, France, and Nepal

Traditional Use: Juniper has been used to purify the air, as an insect repellant, and in cases of urinary infections.
Properties: Analgesic, antimicrobial, antiputrefactive, antiseptic, antispasmodic, astringent, digestive, diuretic, sedative, stomachic
Benefits: Acne, amenorrhea, anxiety, cellulite, colds, cuts, dermatitis, eczema, flatulence, fluid retention, hangover, indigestion, influenza, lymph congestion, sciatica, wounds. Diffusing juniper into the air will freshen and disinfect a stale room.
Blends Well With: Black pepper, cedarwood, clary sage, cypress, elemi, fir needle, lavender, oakmoss, rosemary
Of Interest: Juniper berries have many culinary applications. They are the main flavor ingredient in gin. There are also used to flavor meats and sauces, and they make a wonderful addition to sauerkraut.
Safety Data: Avoid in kidney disease and while pregnant.

学名 Juniperus communis
科目 ヒノキ科
原産地 フランス、イタリア、カナダ、ハンガリー
抽出部位 葉、果実
抽出方法 水蒸気蒸留法
揮発度
税込価格:3,600円 (税込)
数量: